アラフォー男の不妊治療体験記

アラフォー男です。30代前半から妻と一緒に不妊治療を開始。5年後初の妊娠は流産。妻39歳で体外受精により第1子を出産。現在40歳で第二子妊活中です。

奥さん記事 旦那記事 イロイロ

妊活初期 〜唯一痛かった卵管造影検査〜

ども、妻です。
 
以前検査に関する記事を書きましたが、その他に卵管造影検査も受けました。

 
この検査、唯一痛かったんだよね〜。
 
宮崎産婦人科を初受診して生理が来た後の排卵前に早速行ないました。
この検査では卵管が通っているか、造影剤を使ってレントゲンで見る検査。
もし卵管が詰まっていたら卵子精子が出会えないので、すっごく大事な検査なんですよね~。
 
事前にネットで調べたら詰まっている人は激痛だという・・・
 
ドキドキしながら受診しましたが、2つの卵管のうち片方は痛かった〜。あぁ緊張した。。
結果は、、、ちゃんと通ってた!良かった~。
 
この検査の後、特に3ヶ月は卵管が通るので妊娠率もアップするとのこと。ワクワクでした。
 
お会計は21,620円でした。