アラフォー男の不妊治療体験記

アラフォー男です。30代前半から妻と一緒に不妊治療を開始。5年後初の妊娠は流産。妻39歳で体外受精により第1子を出産。現在40歳で第二子妊活中です。

奥さん記事 旦那記事 イロイロ

第二子妊活スタート 〜久しぶりの杉山産婦人科受診〜

お久しぶりです、母です。

 

待望の第一子を出産して早1年が経ちました。

凍結胚があるので第二子の妊活は意識していたのですが、帝王切開で1年は妊娠をおやすみするように言われていたのでそろそろ始めることに。

というのも、凍結胚を1年延長するにも1本5万円かかるんです!
来月で40歳を迎えることもあり、早速杉山産婦人科を予約しました。

 

私の場合は生理が産後7ヶ月で来たのですが、最初は不順でした。

2ヶ月順調に来たと思ったら1ヶ月空いたり、その後はいつもよりも周期が早まっている感じです。

量も産前より重め。生理用品の減りが早いです。

 今回4回目の生理が来て、かつ授乳も最近はめっきりせずミルクと離乳食で育っているので妊活再開できるようになりました。

 

久しぶりにネットから受診予約をすると翌日いくつか確認の電話がありました。

こういう丁寧な所が杉山さんの良い所だと思います。

 

当日は2枚書類を書いたのと、ホルモン値確認の血液検査でAMHと甲状腺の検査が追加でありました。

 

お盆だったからか、病院は空いてたな〜。

自動精算機が導入されていて少しは時間短縮になったのかな?なってると良いな。

 

ホルモンの値・子宮も問題なかったので、ホルモン補充周期で移植していきます!

 

杉山さんはお子さん同伴がNGなので通院のたびに息子を見てもらわないといけないので主人の予定が合うのかが心配・・・

子供がいながら妊活はそれはそれで大変なんですね。

でも一人でいられる時間が今となっては貴重なので、待ち時間でも本が読めるし充実した過ごし方ができました^^