アラフォー男の不妊治療体験記

アラフォー男です。30代前半から妻と一緒に不妊治療を開始。5年後初の妊娠は流産。妻39歳で体外受精により第1子を出産。現在40歳で第二子妊活中です。

奥さん記事 旦那記事 イロイロ

妊活後期 〜D16 体外受精 初の移植〜

ども、妻です。

 

前回の採卵の記事の続きです〜

採卵後、受精したかどうかは電話で確認です。

ドキドキしながら5個の卵子の結果を聞くと、、、3つ受精〜!!

グレードは3つともG2とのこと。

良かったぁ〜。3/5だったらもしかして優秀じゃない!?

ふりかけ方式でも受精することが分かったことだけでも前進よ!

 

そしてD16に移植。

当日8つに分裂した1つを子宮に戻し、残る2つは5つに分裂していたので1本に凍結保存してもらいました(32,400円/本)。

初めて見た受精卵。とっても不思議なキモチでした。

f:id:mens_ninkatsu:20160715094301j:plain

 

移植は短時間で済むので嬉しい。

採卵と同じお部屋に通されて、お小水を我慢してお呼びがかかるまで待ちます。

採卵と同じ手術台で、「ここに戻しますね〜」と先生の処置を一緒に画面で見てハイ終わり。かなりあっけない。

痛みは無かったです。

 

そのままの姿勢で看護師さんに黄体ホルモンの注射をしてもらい、ルトラールを処方されました。

 

そして念のためD20にホルモン注射だけしに来院。

結果はどうかなぁ〜。1回目でうまく行く人もいるっていうしな〜!!期待でいっぱいでした。