アラフォー男の不妊治療体験記

アラフォー男です。30代前半から妻と一緒に不妊治療を開始。5年後初の妊娠は流産。妻39歳で体外受精により第1子を出産。現在40歳で第二子妊活中です。

奥さん記事 旦那記事 イロイロ

妊活初期 ~ついに病院デビュー 宮崎産婦人科へ~

妻です。
 
妊活初期には排卵検査薬を使ってタイミングを取っていました。

詳しくは過去の記事から↓ 

結果、1年を経過しても妊娠しない。。。

「おかしいなぁ~。不妊体質なのかもしれない」

と思い始め、だんだん不安になってきました。

 
会社の先輩に相談したところ、もう病院行ってみたら?とアドバイスを頂き、ついに病院デビューすることに。
 

初めて行くことにしたのは相談した先輩の友達が数人通って結果が出たという赤坂見附にある宮崎産婦人科

 
会社からも通い距離なので、ちょうど良い。
 
電話予約をしたときに初診で不妊治療をしたい旨伝えると、まずは検査からなので生理が始まってからすぐに行くことに。
 
ドキドキしながら行ってみると、小さいながらも、とてもラグジュアリーな院内。
産科もあるそうですが、不妊治療に力を入れているようで、患者のほとんどが不妊治療の方のようでした。
 
小さい病因なので初診から院長先生が対応。
 
まずは血液検査。ホルモン値を診てくれるそう。
次回結果を聞くと共に排卵日前に卵管の検査をすることに。
 
ドキドキ。。。