読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー男の不妊治療体験記

アラフォー男です。30代前半から妻と一緒に不妊治療を開始して5年経過、、、。1度の流産を経験、その1年後にめでたく出産しました。

奥さん記事 旦那記事 イロイロ

妊娠12週前の流産....

不妊治療の病院の血液検査で妻の妊娠が判明しました。

早速産婦人科に行き、心音も確認することができました。

このまま無事育っていってくれー、という願いを夫婦で持っていたのですが、12週前の流産、、という残念な結果に、、。

f:id:mens_ninkatsu:20150905190949j:plain

流産が判明する1回前の検診では、心音も引き続き確認できていましたが、ちょっと成長が遅いかな、、という状態。

3週間後に様子を見ましょうという事になりました。

妻の体調に大きな変化はなかったものの、、、検診の数日前から茶色いおりものが、、、。

赤い血ではなかったとのことなので、まぁ大したことはないだろう、、と無事に成長していることを疑っていませんでした。

 

ところが診察結果は残念なことに、、、。

 

12週前の流産は、30代後半の妊娠になると決して低い確率ではないとこと、、。

また原因の大半は染色体の異常が原因で、この時点では母体側が問題であることはほとんどない。

とのことでした。

 

染色体異常、、つまり受精した瞬間から決まっていたことということになります。

と、頭では理解できても、事実として受け入れるのに時間がかかりました。

ダメだった、、、という診察結果を聞いた時は、悲しいわけでも、怒りたいわけでも、誰かを攻める気も起きず。

ただ、そうか、そうなのか、、起きてしまった事実を眺めているだけのような状態。

なんとも説明できない状態です。

とても残念な気持ちはあるものの、頭ではどうすることもできないから仕方ないという理性が働き、結果として事実として受け入れるのに時間がかかるのかもしれません、、、。

 

初めて妻が無事に妊娠できた喜びもありましたからね、、、。

 

また妻に不妊の治療を再開してもらわないといけない、というなんだが申し訳ない気持ちもあります。

 

ただ、男性としてできることが限られているわけなので、前向きに、次の不妊治療に気持ちを切り替えていかなかればいけないですね。

 

奥さんがどのような反応をするかは人によって違うと思います。私の妻はそれほど落ち込んでいるようには見えませんが、人によってはひどく落胆し、精神的動揺してしまう方もいるのではないでしょうか。

 

男性として、過度に落胆するわけでも、なんにもなかったかのように過ごすわけでもなく、奥さんの気持ちと寄り添っていくことが重要なのではないかと思いました。

 

奥さんの体調の回復を待って、また不妊治療を再開する予定です!