アラフォー男の不妊治療体験記

アラフォー男です。30代前半から妻と一緒に不妊治療を開始して5年経過、、、。1度の流産を経験、その1年後にめでたく出産しました。

奥さん記事 旦那記事 イロイロ

妊活後期 〜移植#5 妊娠兆候について〜

ども、妻です。

 

5度めの移植で陽性反応が出ましたが、判定までの妊娠兆候について書きたいと思います。

 

これ、生理前に超気になるから、インターネットでいろんな人の体験記を見たんだけど、人それぞれだよね〜。

 

私の場合は判定当日まで妊娠?と思うような兆候は無かったなぁー

 

ただ移植4日後(D21)に着床出血らしきものがありました。

着床出血なのか、移植の処置による出血なのかは定かではありませんが、前回妊娠した時もあった。

 

あと、生理前のような子宮の違和感が10日後(D27)からあって、どんどんそれは強くなっていった。

やっぱり生理来るなぁ〜とブルーになっていたので妊娠って聞いて驚いたくらい。

 

ほんと、着床出血を除けば生理前と同じ感覚なので、全くわからなかったです。

 

 

 

 

 

妊活後期 〜移植#5 陽性反応が出た!でもhcgが高め〜

ども、妻です。

 

この5回目の移植で、なんと陽性反応が出ました!

判定は2015年末。

主人に伝えても二人で同じ反応。

驚くものの「まだ喜べないよね、、、」

同年8月に流産した時に精神的ダメージを存分に味わっている私達夫婦はそんな第一印象でした。

 

流産後初めての移植での妊娠だったので、診察した先生曰く、

「4月に子宮筋腫を取ったことがよっぽど良かったんだね」

とのことでした。

 

ただhcgの値が高い、、、

今回はどうなることやら!?

 

 

妊活後期 〜移植#5 D17移植当日。最低なスタッフに怒り心頭〜

ども、妻です。

今日は5回目の移植の話です。

あー!記事のタイトル書いてるだけでもムカついてきた。その話は一番最後に。

 

この日移植した運命の受精卵ちゃんはこの子。

f:id:mens_ninkatsu:20161001134139j:plain

 

でね、いつも通り移植は終わったわけですよ。

 

そして怒り心頭な出来事いきますよ。

 

担当看護師が私のカルテを見ながら、

「へぇ〜、派遣社員なんだ。それだと体外受精はお金がかかるから大変だね〜」

と、我が家の家計をご丁寧に心配してくれましたが、派遣バカにしすぎじゃね!?

「こんな出費屁でもございませんわっ」と言い返し、、、、

てやろうかと思ったが大人なのでやめといた。

 

そして「判定の日は予定通り◎日で良いですか〜?」と聞かれ、

「その日は出張があるんで翌日でも良いですか?」と回答したら、

「へぇ〜、派遣なのに出張があるのー?」

とまたバカにされた、、、

 

めちゃくちゃムカついたわっ!

こんな大事な日に何故精神を乱すのだっっ!!

 

あぁ〜、ストレスはダメダメ!と自制する。ふぅ。

 

アシストハッチングを追加でお願いして、お会計は約13万円でした。

 

 

妊活後期 〜移植#5 D14子宮内膜問題なし!移植決定〜

ども、妻です。

貼り薬を1日おきに貼り替えることも忘れず、移植前の診察の日。

 

子宮内膜は問題ナシ!採卵後の腹膜炎症の2ヶ月後、ついに3日後に5回目の移植をすることになりました!

 

この日は9:45と少し遅く病院に着いたのですが、それがまずかったのかお会計が終わったのは13:20。過去最長の3時間半でした、、、

12月って混雑する月なのかも。。。

 

お会計は7,720円でした。

 

 

 

 

妊活後期 〜移植#5 D3診察〜

ども、妻です。

 

2015年10月の採卵で炎症を起こした次の周期は妊活をお休みして、海外旅行で心機一転!

 

2015年12月に5回目の移植です。

 

前回6つ受精して4つに分けて凍結した子たち。

f:id:mens_ninkatsu:20160927104408j:plain

今回は4回もチャンスがある!採卵の恐怖からはしばらく離れられるので一安心よ。

 

診察で子宮も問題なさそうなので、今回もホルモン補充周期で移植周期はじまり、はじまり〜。

お腹のシールを1日おきに貼り替えることは忘れずに。

 

この日かかった時間は2時間20分、お会計は17,670円でした。

 

妊活後期 〜体外受精#3 腹膜炎症の治療で移植とりやめ〜

ども、妻です。

 

採卵当日の夜に激しい胃痛と腹痛が起きた後、土日を経ても月曜日にまだ痛みが引かないので杉山産婦人科に連絡し、急遽診察をしてもらうことに。

 

エコーで診てもらったら案の定血の塊が見えていました。

↓この黒いところが血。

f:id:mens_ninkatsu:20160925110035j:plain

血液検査でも炎症反応が出ていたので、抗生剤の点滴治療を受けることに。

炎症度合いが分かるCRPの値、この日は3.6。通常は0.3以下なので炎症は明らか。

この値が下がるまで定期的に抗生剤点滴に通うことになりました。

 

点滴は計3回。

入ったことのないお部屋。

f:id:mens_ninkatsu:20160925133449j:plain

f:id:mens_ninkatsu:20160925133459j:plain

4日後の検査でCRP2.8、8日後には1.6まで下がったので治療は終了。

 

かかった時間は毎回1時間、お会計は5,000円くらい。


 

結局、今周期の移植は中止になってしまいました。

 

ですが14個取れた卵子の受精は、、、めでたく6個が受精。受精率は42%。

4つに分けて凍結しました(129,600円)

この結果は救いだったなぁ〜。

妊活後期 〜体外受精#3 D10採卵後に脳貧血と激しい腹痛〜

ども、妻です。

 

前回の記事に書いた、採卵で過去最高の14個取れた後の出来事です。

 

主人の書いた記事↓にも取り上げていますが、ほんっっとに大変でした。妊活で一番辛い&痛い出来事でした。

 

採卵は午前中に終わり、その後なんとも無かったので仕事に行きました。

 

それが午後になると具合がだんだん悪くなってきた。

そして立ち上がった瞬間、脳貧血でフラフラな状態になり、倒れるーーー!と思った私は壁を這ってトイレに駆け込んだのです。

数分間意識が無くなり、意識が戻ったら冷や汗ダラダラ、ふらっふらで数十分トイレに閉じこもりました。

 

少し回復して席に戻りましたが、状況は悪くなるばかり。

家に帰りたいけど、歩くのも辛くてその場にいることしかできなかったのです、、、

前から貧血は経験していたので、採卵で貧血になったのね〜くらいにしか考えず、病院には連絡せず、痛みに耐えながらも定時になったので、ゆーっくり歩きながら帰りました。

 

そして家に帰って数時間すると胃のあたりが激痛に。

胃の付近なので、服用した薬が合わなかったのかなぁ?なんて思っていました。

そして少し眠ろうと横になろうとした瞬間、、、あまりの痛みで息ができない!生まれて初めて死を感じました。

 

どうしよう、、、

もう夜で病院やってないし。。。

でもこの痛みは救急車を呼ぶレベルだよな、、、でも主人が帰ってこないから呼ぶ勇気と元気が無い、、、耐えるしかない!!

 

主人は飲み会で夜0時近くに帰って来たのですが、私の憔悴ぶりにビックリ。

横になるとまた激痛で息が止まるので、上半身を起こして眠りにつく事に。


翌日は土曜日。少し引いたものの、まだまだ痛くて歩くのも辛い。

 

日曜日。土曜日の痛みと変わらずで自宅安静。

調べてみると胆嚢炎にとても似ている症状なんだよね。

 

月曜日にまだよくならなかったら病院で診てもらおう、ということに。


採卵後にもらった説明書きには、

「採卵による影響から卵巣表面から腹腔内に徐々に出血し、ご帰宅後に過度の腹痛や胃痛が生じる場合がございます。痛み止め服用や安静でもさらに増悪し、堪え難いお痛みの場合は、救急病院を受診ください」

とありました。

まさにこの症状でした。

やっぱり救急病院に行くのが正解だったみたいです・・・